信託投資について、おすすめ投資信託先編

おはようございます。

自動売買.comを運営している”とし味噌”です。

予想通り、円安よりの展開になっていて、外資を得られる会社は、

多少なりとプラスになって、あとは軒並み下がっている感じの株価が推移している

この頃です。(私的予想)

マツダデンソートヨタコメリワークマン株の保有の話をしてきて、

次に、前回、信託投資について、基礎編

の話をしてきたので、

自分がやっている信託投資について話したいと思います。

おすすめする信託投資先

結論からいうと、一般的に上場している

信託投資先を持っている場所ならば、まず間違いないと思います。

上場している一般的な会社一覧。

松井証券

SBI証券

楽天証券

などあります。

実は、地域の信用金庫も、投資信託を行っていますので、

小さいからというよりも、自分の尺度、考えで、

始める、行うのが一番だと思います。

おすすめできない投資信託

高配当な信託投資

100%元本保証

実は理想的では、ありますが、現実的ではないのが、

この二つです。

これを保証しているという事をして、破産した。

倒産した。不渡りを起こしたなどは、多いです。

最近では、ケフィア、安愚楽牧場がそれにあたります。

おすすめできない話は深いので、また次回話していきます。

最後に、

自分が使っている投資信託先

自分はというと、松井証券です。

特に不満がなく、長年使っています。

投資信託先が20~30種類があり豊富な点が多く。

上場企業のため、安定しているという点です。

無難といえば無難です。

投資信託は、ポートフォリオを使った投資を勧めており、

診断による投資先を進めてくるという事があります。

また、詳しく紹介したいと思います。